ハオのガジェット工房

※当サイトでは一部アフィリエイト広告を利用しています。自作PC、スマホを中心とした最新情報をお届けします。

Galaxy Z Flip 6 ベンチマーク:RAM 12GBでマルチコア性能30%向上!

 

Samsungの次世代折りたたみ式スマートフォン、Galaxy Z Flip 6のベンチマーク結果がGeekbenchに掲載され、大幅な性能向上が示唆されました。

 

Snapdragon 8 Gen 3と12GB RAM搭載

Z Flip 6は、前モデルと比べて処理能力が向上したSnapdragon 8 Gen 3チップを搭載します。さらに、RAMは8GBから12GBへと大幅に増加。これにより、マルチタスクやグラフィック処理のパフォーマンスが向上することが期待できます。

 

ベンチマーク結果

Geekbenchのベンチマークによると、Z Flip 6のシングルコアスコアは2247、マルチコアスコアは6857。これは、Galaxy Z Flip 5と比べてそれぞれ13.2%と30%の向上となります。特にマルチコアスコアの30%向上は、大きな進歩と言えます。

 

その他の仕様

Z Flip 6のその他の仕様としては、50MPメインカメラ、3.4インチカバーディスプレイ、6.7インチメインAMOLED折りたたみ式ディスプレイ、120Hzリフレッシュレート、4000mAhバッテリーなどが噂されています。

 

価格と発売時期

Z Flip 6の価格は、Galaxy AI機能搭載の影響で値上げが予想されます。1100ドルからの販売開始と予測されており、発売後2週間は同じ価格で2倍のストレージ容量を購入できるプロモーションも実施される可能性があります。

 

まとめ

Galaxy Z Flip 6は、RAM 12GB搭載によるマルチコア性能30%向上など、前モデルから大幅な進化を遂げた注目モデルです。価格は高くなりますが、最新技術を搭載した折りたたみ式スマートフォンを求めるユーザーにとって魅力的な選択肢となるでしょう。

 

参考情報